「ネット副業Q&A」の記事一覧

ネット副業に対する不安を払拭しよう

ネット副業は怪しいものではありません

ネット副業に関して興味はあるものの、いまだにどこか怪しいものだと思って手を出さない人はいるはずです。
ネット副業に触れたことがなければ当然です。また、ネット副業だと相手の顔が見えないため、きちんと支払いがしてもらえるか、などと不安になったりもするものです。

ネット副業に怪しいものはまったくありません、とは言いませんがきちんと選べばリスクなくネット副業で稼げるようになります。
ネット副業で怪しいものを避ける手段は、とにかく初期費用がかからないものを選ぶという方法となるでしょう。
ネット副業で稼ぎたいのに回収可能かどうかもわからないものにお金を費やすのは危険すぎます。

もし、仮にお金を支払わなければ、ネット副業で騙されたといっても、自分の作業した時間が盗まれるくらいですみます。
自分の作業した時間が盗まれるのは嫌なことですが、勉強と思えば被害としては軽いものです。

ネット副業に関して被害に合うことを前提で記載しましたが、きちんと調べてはじめれば大抵の場合は被害に合うということはありません。
何かをはじめるときには情報収集が重要です。

ネット副業は誰でも参入できる環境です

ネット副業でいい点は、学歴や年齢を問わず、誰でも参入できる点と言えるでしょう。
普通の会社では学歴不問や年齢制限なしと言っていても、それは建前で実際にはある程度の学歴をチェックしていたり60歳以上の人は採用しなかったりと色々と裏の事情があるものです。

ネット副業では仕事をするときに人と会うということはめったにありません。
ですから、顔もわからないですし、年齢も言わなければわかりません。
ネット副業をするときにわざわざ学歴を尋ねてくる人などもいません。
普通の会社のように面接と履歴書、写真が要求されることがないのです。
これは、本当の意味での平等な仕事環境だと言えるかもしれません。

自分の能力を知ってネット副業をする

前述したように、ネット副業は誰でも参入しやすい環境ができています。
未経験者でもとにかく仕事をやる気があれば仕事をはじめることができます。
もちろん、仕事の内容や仕事の難しさなどによって仕事の単価は変わってきます。
誰でもできるような仕事であれば当然、単価は低いものです。

最初のうちはコツコツと仕事をこなして実績を作っていかなければなりませんが、自分の実力に見合った仕事ができるチャンスでもあります。

勤めている会社で仕事に張り合いがなかったとしても、ネット副業では自分の仕事がそのまま報酬と言う形で評価されるのでやる気もでてくるでしょう。
ネット副業をすることによって、自分の本当の仕事の処理能力を知ることもできるかもしれません。

ネット副業で稼ぐには

ネット副業は実力主義の世界と言っていいでしょう。
本当の意味での平等なスタートをきれることがほとんどです。
その分、自分が思っていたよりも仕事ができずに落ち込むということもあるかもしれません。
ですが、仕事が評価されたときほど嬉しいことはありません。

ネット副業は稼ぎやすいという人がいるのは、恐らく、会社での社内政治が下手でも仕事ができる人などがネット副業をして稼げるようになったりすることで言われていることかもしれません。
わずらわしい人間関係を抜きにして仕事のみで勝負ができるというのは、本当の意味で仕事に専念できます。

ネット副業で稼ぐには、とにかくモチベーションを維持し、継続して仕事をして経験を積んでいくということが稼ぐための近道です。
自分の仕事単位で報酬がもらえるのでネット副業ではモチベーションの維持は難しくないはずです。
ネット副業は怪しいものではありません。是非、興味を持っているのなら挑戦してみてください。

まとめ

ネット副業は怪しく感じてしまうかと思いますが、そんなことはありません。やってる人結構多く稼いでる人もそれなりにいます。会社を立ててしまう人までいます。
初期費用の必要ないネット副業もたくさんあります。リスクを少なく始められるので、まず始めてみましょう

公務員のネット副業についてのまとめ

公務員でネット副業を始めたい…という場合

今、ネット副業が話題となっており、公務員の方で、ネット副業を始めたい、と考えている方も多いと思います。
今は、公務員だからといって、一生安泰である、とは限りません。
厳しい世の中となっているので、老後のことはもちろん、余裕のある生活を送っている人はなかなかいないようです。
ネット副業をする際に、知っておくべき、公務員の副業というのは、どこまで認められるのか、ということについてご紹介したいと思います。

公務員の副業は禁止されている

公務員の副業というのは、一般的に禁止されている、と認識されている人は非常に多いのではないでしょうか。
一般的なサラリーマンの方も、副業が禁止とされていることが多いですが、公務員、銀行員などの方は、さらに厳しく取り締まれているというイメージがあります。

実際にこちらを細かく見てみると、まず、国家公務員法「103条」、そして地方公務員法「38条」などによって、副業の規定があります。
こちらによると、公務員の副業は、禁止であるということが明記されています。
そして最近では、ネット副業による、公務員の懲戒処分なども実際に行われているのです。
しかし、公務員は、すべてにおいての副業による、金銭授受が行われている副業が禁止となのかというと、実際のところは、そうではありません。

実は、公務員においても副業が認められているものもあるのです。まず、公務員ができる副業の範囲としては、農林水産業、また、一定規模以下の不動産賃貸などが挙げられます。
このため、不動産賃貸などを始めている公務員の方も少なくありません。

また、さらに、宗教活動などの寄付やお布施、資産運用による収入、さらに、教育関係などの執筆活動なども副業が認められます。
このため、宗教活動に関しての寄付であったり、または、資産運用は可能とされているのです。さらに、任命権者の許可を得た場合なども可能とされています。

それ以外においても、法律の文章から、職務に支障をきたさない、または、信用を失墜させない、さらには、営利目的ではない、ということならば、副業として認められているのです。
つまり、公務員だからといって、副業がすべてにおいて、禁止というわけではありません。
公務員というと、すべての副業が禁止されているというイメージがあると思いますが、公務員でも一応、許可されている範囲というものがあります。
このため、この範囲内においては、自由に副業などを行うことは可能となっています。

許されているならば、堂々と副業ができますし、確定申告ができます。このため、それが規定に当てはまらないのであれば、ネット副業を始めることも可能となっているのです。
もしも、ネット副業に関心があるのであれば、たとえば、FXや、株の取引き、または、ネットオークションなどの、営利目的とみなされない範囲で行うことがお勧めの方法です。

副業の定義から、読み取れることとは?

副業というのは、収入を得るため携わっている、本業以外の仕事などを指しています。
つまり、事業と呼べるような、営利活動でないのであれば、公務員でも行うことは可能なのです。
たとえば、ネットオークションなどで、いらないものを販売した場合などには、営利目的の副業とはみなされないことも多いようです。

ネット副業と呼ばれているものでも、線引きは難しいものもたくさんあります。
たとえば、ポイントサイトにおいての、ポイント稼ぎだったり、趣味のブログなどから発生している小額のアフィリエイト収入などは、問題ないように思われそうです。
また、公務員の方でも、資産運用は可能となっているので、ネット副業で人気のFXや、株などの投資なども、資産運用と形になりますので、問題ないように思われます。

しかし、これらのものは、本業を超える収入となった場合などは危険ですし、その他のネット副業などは、副業と考えられます。
公務員の方は、これらのものはやらない方が良いでしょう。どこまでが良く、どこまでがダメなのか、自分で線引きをしておくことが必要です。

公務員の副業に関してのまとめ

今までは公務員というと、安定したイメージがありましたが、今は、厳しい社会情勢となっており、公務員だからといって、将来は安泰であるとはいえなくなってきました。

将来がどうなるのかわからない今のこの世の中ですが、公務員だから、副業は全てできない、と諦めずに、法律で現在認められている範囲内において、まずはネット副業にチャレンジしてみるというのも一つの方法です。
実際に、FXや株取引などといった、資産運用という形で、ネットでの副業を実践されている公務員の方もいるようです。

しかし、もしも副業とみなされてしまった場合には、重い懲罰もありますので、あらかじめどこまでがセーフなのか、ということを自分自身で把握しておくということが大切なのです。

まとめ

公務員でも副業はできます。範囲などは決められていますが、一般のひととかわりなく、副業は認められていますのでチャレンジをしてみるといいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ