「サラリーマンネット副業」の記事一覧

会社員にお勧めの年収を増やすネット副業!

会社員の方にお勧めのネット副業

バブルのころなどは、出勤し、定時に上がり、それだけで給与をもらえるという世の中でした。またボーナスなども当たり前のようにもらえて、何の心配もなく定年まで勤め続けることができていたと思います。
しかし、今は、まったく事情が異なります。最近では、大企業に勤めていたとしても、先行きが不安な時代となっています。会社員がボーナスカットというのは当たり前で、サービス残業も当たり前となっています。このため、世の会社員は、安月給で働くようになってしまっているというのが現状です。

しかし、だからといって収入アップというものを、諦めてしまうのはやめましょう。
諦めてしまうと、いつまでたっても貯金を増やすことができないというまま、ずっと同じように不安なまま過ごすこととなります。少しでも木間の生活を変えたい、また収入を上げたいのと思っているのであれば、この機会に少しずつ副業などをスタートさせてみてはいかがでしょうか。最近では、誰でもできるような仕事はたくさんあります。

在宅で、時間の制約がない副業を選ぶことが肝心

在宅で仕事を始めよう、と考えていたとしても、最初のうちに何をしたらいいのか、見当がつかないことが多いです。副業、在宅、などで検索をしてみると、アンケートモニターなどの仕事、またデータ入力の仕事などが出てきます。

しかし、会社員の方が、初めてネットでの副業を考えるのであれば、まず、空き時間に少しずつ進めることができるような、ものではないと続けることができなくなってしまいますし、本業に差し支えてしまうことがあります。まずは、無理なく時間の制約なくできるような仕事を選ぶことが必要となります。まずは誰でもでもできるような、時間がかからない単発の仕事などをやってみるようにしましょう。

無料で登録し、すぐに終わるような仕事などもやってみるとよいでしょう。こういったネット副業には、なかなか成果が出ないものもありますし、焦らないことが必要となります。コツコツと仕事を続けていくことによって、はじめて成果が出るようなものもあります。

短い間に稼げるように工夫しましょう

在宅ワークを始めてみた場合、その作業の緻密さなどに驚くということもあると思います。在宅ワークのほとんどは、パソコンを使ったような、単純作業となります。

このため、簡単な単純作業であったとしても、数をこなさなければいけませんので、一生懸命やった場合、目を酷使することになりますし、肩や腰などが疲れてきてしまうこともあります。
このため、パソコンの作業といっても、その作業時間が長引いてしまう場合には、肉体的にも負担がかかり、本業に響いてしまうという可能性も出てくるのです。

しかし、副業というのは、本業とは違いますし、あくまでも短時間でたくさん稼げるようにしなければなりません。このため、時間がかかりがちとなってしまう場合には、短縮化できる方法などを考えるようにしましょう。そして効率アップすることが必要となります。

コツをつかむことが必要

ネット副業は最初のうちは辛い、という風に感じることなども多いかもしれません。パソコンを使った単純作業となりますので、慣れるまでは大変に感じることも多いようです。またパソコンで同じ作業を繰り返していた場合、こんなことをいつまで続ければいいんだろう、と途方に暮れてしまうこともあると思います。

しかし、大体の場合、ネット副業を、辛いと思っているのは、最初だけとなります。ネット副業は、慣れてくるにつれて、コツというものが分かってきますので、自分次第で作業時間が半分になることもありますし、さらに工夫次第で短縮することができますし、どんどん最初に比べると、時間短縮することができます。このように、作業のコツさえつかむことができれば、仕事を簡単に終わらせることができるのです。このため、最初からあきらめないということが肝心ですし、慣れるまでまずは続けてみるようにしましょう。コツをつかむまで、地道に続けてみるということが必要です。

ネット副業を行うにあたって頭に入れておくこと

在宅ワークで副収入を得るという場合には、なるべく短時間でたくさんの量をこなすということが必要となります。そのためには、自分自身のスキルを磨いたり、ネット副業に関する勉強をしたりといったことが必須となります。このため、ネットでの副業を行うと同時に、自分のスキルアップなども考えてみるとよいでしょう。また、本業と関係のある副業をしている場合には、これらのスキルは本業にも役立てることができます。

また、インターネットで調べてみたりすると、たくさんの方の、経験者のアドバイスといったものを見ることができます。そういったものを参考にしてみると稼ぎやすくなるのです。

会社にネット副業がばれてしまったときの対策!

副業を禁止にする会社は減ってきている

ネット副業を始めたい、と考えている方も少なくありません。しかし、以前まではネット副業そのものを禁止している会社がほとんどでした。

しかし、最近では、こういった副業を禁止されている会社などには変化がみられ、就業時間外のことに関し、従業員の判断に任せるとった企業が増えてきています。
最近では、部下が、欧米のように、仕事のかけもちをするというのは、抵抗があるという上司は少数派となってきました。

いまの時代では、サラリーマンがネット副業などをするというのも、珍しくありません。
空いている時間を見つけ、金曜の夜、また土日などに作業をすれば、無理なく進めることができます。
しかし、就業規則で副業を禁止しているという会社の場合、副収入がばれると、厄介です。
口頭で注意を受けるだけで済む場合もありますが、法律で定められていたり、また就業規則で禁じられている、銀行員また公務員などの場合は、懲戒解雇で厳しく処分されてしまいます。

さらに、民間の会社が損失を被った場合、損害賠償も辞さないですし、立場も危うくなってしまいます。
実例では、業務に支障が出ている、ということで、解雇されてしまったケースなどもあります。
このように、就業規則で副業を禁止している場合には、色々なリスクがあります。
また、本業と副業は似ているものを選ぶことが良い、とされていますが、場合によってはこれは一概にもそうは言えなくなります。

似ている副業をしていると、本業の会社に、お客様を流用し、個人で仕事を請けるかもしれない、とリスクに目が行きます。このため、会社に不利益があるかもしれない、と懸念されてしまうのです。
会社は、副業というのに、悪いイメージを持っていることが多く、副業は本業有りきということを忘れないようにしましょう。

確定申告をするとばれてしまうことがある

本業と副業では、納税の仕組みが違います。このため、ダブルインカムがばれてしまうことがあります。
本業と同じように、副業の確定申告をした場合、住民税が増額されてしまうのです。
この増額分は、毎月の給与明細の中にある、源泉徴収額などに反映されてしまいます。このため、本業の給与分以上などの住民税が記載されてしまいます。この住民税の多さに、担当者が疑問を持った場合、会社が誰かに相談し、ばれてしまうということにつながるのです。

副業を本業の会社にばらしたくない、という場合には、住民税の納付方法を変更するとよいでしょう。所得税の追加分は、自分で納付するため、問題はありません。しかし、住民税は、会社経由で支払うようになっています。
これを特別徴収と呼びます。この特別徴収を、自分で納付するという、普通徴収に切り替えることで、住民税なども自分自身で納めることができるのです。これで会社にばれる可能性が低くなります。
しかし、都道府県、地方自治体によっては、普通徴収を認めていないこともありますので、注意しましょう。

誠意が伝わる言い訳を考えよう

自宅でできるネット副業といっても、このように、確定申告時などにばれてしまうケースがあります。
仮に、会社、上司にばれてしまった場合には、どのように対処すればよいのでしょうか。それは、副業が本気ではない、ということをアピールするとよいでしょう。正当性のある、自己弁護が必要となります。

ず、ネット副業は、期間限定であったために、継続性はないということをアピールするとよいでしょう。たとえば、親戚が体調を崩してしまい、今月だけヘルプでやっている、というようなことです。
さらに、儲からない、ということを報告し、副業は価値がない、ことをアピールすることが必要です。
また、ネット副業が、本業に影響をあたえない、全く関係ないということを主張するとよいでしょう。あくまでも本業が優先で、体力的にも迷惑をかけることがない、ということを説明しましょう。
また、住宅ローンが返済できなさそうなので、副収入で補填しようとした、などの緊急性のあるストーリーもおすすめです。

今は、ネット副業をしている方は多く、実は上司も、FXや株で利益を得ていたり、賃貸マンションを経営するなど、副収入を得ている場合があります。このため、一概に強く言えない場合もあります。
ネット副業といっても、このような、資産運用、または、売却益による副収入といったものは、副業との境界線が曖昧となっています。

また、ネットオークションなどで、不用品を処分しているというのは、収入を得ることになっていますが、在庫処分とも考えられますので、副業として見破ることが難しいといえます。
しかし、ネット副業をしている、ということをあまり口外しない方が良いでしょう。ネット副業の収益額をむやみに人に話すことで、そのことに嫉妬したり、敵対心を持つ人がいますので、気を配ることが必要です。

正社員ではないのならネット副業をするのがいい

非正社員は副業をするといい

不況もあって最近では非正社員という働き方をする人も増えてきました。
本人の意思に関わらず非正社員というポジションになってしまう人も多く存在します。
多くの人が正社員のポジションを望みながらも正社員になることができない状況は以前では考えられなかったことです。

正社員というポジションは誰もが思うようにある種の特権階級です。
正社員であればある程度の生活は会社から保護・保障されているようなものです。
ただ、こういった状況を見ると正社員は本当にいいこと尽くしのようにも思えます。

ですが、いまだに多くの会社では就業規定の中で正社員に副業を禁止しています。
ということは、正社員はある程度の特権階級でありながらも会社から与えられる給料以上の収入は望めないということです。

しかし非正社員であればそういった制約はありません。自由に副業ができるのが通常です。
是非こういったことをチャンスと思って副業を積極的にしてみてはどうでしょうか。

副業をするならネット副業

非正社員といえども、仕事を持っていれば生活の多くの時間が仕事に当てられているはずです。

いくら副業を自由にできるといっても体力と時間がなければかなりきついものになります。
ですから、非正社員という立場で働いている人こそネット副業に挑戦してみる価値があります。

ネット副業で仕事をすることによって普通に副業をするよりは肉体的疲労がおさえられます。
肉体的疲労がおさえられると本業に悪影響を及ぼす可能性も低くなります。
ネット副業は基本的に初期費用はタダですし、自分の時間を自分でコントロールして仕事をしていくことができます。

ネットを使わない副業をすることはすぐに確実にお金が入ってくるというメリットがあります。
また、時間給のことが多いので働けば働いただけ収入が入ってきます。
ですが、収入が欲しければそれだけ時間を費やして働く必要があるので、肉体的疲労は増していくばかりです。
もし、ネット副業である程度収入を確保することができるようになればこの肉体的疲労が軽減されます。

ぜひ、副業を考えているのであれば、ネット副業をすることを考慮に入れるべきです。

生活に自由をもたらすネット副業

前述したように、ネット副業は肉体労働ではないので、肉体的疲労はほとんどありません。ネットは頭を使った仕事です。

もちろん、仕事のし始めは思うように収入につながらないこともあるでしょう。
また、わからないことが多く、自分がやっている仕事が正しいのかどうかも迷うこともあるかもしれません。
ネット副業は基本的に個人で仕事をやらなければならないので、その分、仕事の負担は全て自分にかかってきます。
責任の重い仕事、というよりも自分の仕事が全て今後の仕事を左右するといってもいいでしょう。

それでも、会社などで仕事をしているよりは気が楽かもしれません。
組織に所属していると運が悪いと、他人のミスを押し付けられることもあります。
ですが、ネット副業ではそういった人間関係や組織のしがらみからやってくる不遇な事故は発生しません。
組織に所属して働くのが苦手な人には向いている働き方がネット副業ともいえるかもしれません。

ネット副業はやり方によっては、ある意味不労所得に近い稼ぎ方も可能になります。
そのためには、きちんと自分で勉強し常に自分の仕事を改善していく必要があります。
ですが、成功したときのことを考えると、自分の時間を費やして勉強する価値はあります。
こういったタイプの仕事だと最初はいくら頑張っても頑張った分の収入が得られずに、もしくは、収入が全く得られずに挫折しそうになります。
ですが、ある程度は継続して仕事をする必要があります。

収入を得つつ、ある程度の自由時間を確保したいのであれば、是非ネット副業に挑戦してみてください。

まとめ

非正規社員の場合、会社に何か起きた時切られる可能性はかなり高くなります。今のうちに副業で少しでも稼ぐ力を身に付ければ、少しでもリスクの回避になります。
何かが起こってしまう前に、ネット副業で稼ぎましょう

所属している会社の待遇に不満がないなら

働いている会社の待遇に不満がないことはいいこと

多くの人が会社に所属して毎日通勤して仕事をしています。そして、その対価として毎月決まった額の給料をもらっています。
給料の手取りの金額が減る傾向にある人も多い中で、給料や待遇面で会社に満足してるのならその仕事を続けるべきです。

ですが、中には会社で働いているのは嫌いではないけど、自分のやりたい仕事をやっているわけではない、という人も多く存在するはずです。
誰もが自分のやりたい仕事ができればいいのですが、実際には妥協して仕事をしている人も多くいるはずです。

会社の待遇には不満はないけれども、やりたい仕事をするべきかどうかで迷っている人は恵まれています。
たとえ、やりたくない仕事を続けても満足できる待遇ではない人も多く存在します。自分が恵まれた環境だと思ってその会社に所属するのが一番でしょう。

もし、自分の生活の中でやりがいのある仕事をしていきたいのなら副業としてやりがいのある仕事を見つければ今の会社で満足している待遇を手放す必要もありません。

仕事にやりがいを感じたいと思っているなら

それでも、自分のやっている仕事にやりがいを求めたいのならネット副業がオススメです。

ネットを利用しない副業でやりがいのある仕事を見つけるのはそう簡単ではないからです。
ネットであれば比較的ゆるく基準を設定して仕事を紹介しているサイトもあります。
それはネットの在宅ワークを紹介しているサイトです。
ネットの在宅ワークといっても多くの種類がありどこかにあなたのやりたいと思っている仕事があるはずです。
もし、迷っているのならネット副業という形でやりがいのある仕事を見つけてみてはどうでしょうか。

会社で自分の満足できる待遇で働ける人とは少ないものです。
たとえ、会社を転職し、やりがいのある仕事を得たとしても満足のできる待遇であるかどうかは保障はないのです。
やりがいがあれば仕事はできる、と思うかもしれませんが、それは最初のうちだけです。
もし、その仕事で満足に生活費もカバーできる給料がもらえなければいつか転職を考える時期がやってきます。

会社に所属しているということは、安定した生活を得ているということでもあります。
仕事のやりがいを求めて転職を求めるくらいならネット副業でやりがいのある仕事を探してみましょう。

自分の興味のある分野でネット副業をやってみる

もし、仕事のやりがいを求めてネット副業をしようと思うのでしたら、比較的簡単に仕事を見つけることができるかもしれません。
自分の興味のある分野、自分の得意な分野、なんでも仕事が限定されているのでしたら、あとは自分を積極的にアピールしていかなければなりません。そこで、自分の実力を知ることにもなります。

ネット上の仕事でいい点は、学歴などが関係ないということです。
場合によっては経験なしでも単価を低くして自分の望む仕事を探していけば、自分の挑戦したい仕事が見つかることも十分にあるのです。

もし、本業で満足できる待遇で働いているのならその会社を辞めてしまうのはもったいないことです。
やりがいのある仕事が必ずしも待遇面でも満足できる仕事とは限りません。やりがいのある仕事をしていてもきちんと自分を評価してもらえなければ仕事を続けていくことは難しいはずです。

できるのであれば、ネット副業としてやりがいのある仕事をしてみることをオススメします。
そうすることで、たとえ本業で自分の仕事に対する意欲が満たされなくても、副業でそれをカバーすることができます。その上、副業による収入もあれば言うことはないはずです。

是非、本業で待遇面で満足している人は、ネット副業を利用してやりがいのある仕事を見つけることをオススメします。

まとめ

自分の興味のあることは長続きします。ネット副業は種類がとても多いので、自分の興味があるものを選びましょう。

契約社員や派遣社員はネット副業をしてみるといい

雇用の不安

最近では不況は終わったような風潮がありますが、実際には不況時とあまりかわらない状態で働いている人がいるのではないでしょうか。

多くは契約社員や派遣社員といった雇用形態で働いている人でしょう。
バイトやパートもそうですが、どちらかといえば契約社員や派遣社員といった働き方をしている人たちは正社員として働きたかったがそのチャンスがなかった人が多いのではないでしょうか。

実質的には正社員と同じ仕事をしているのに給料や待遇に関してはかなりの差があり、会社側が必要ないと判断すればいつでも職を失う可能性があるという不安定な働き方は不平等でしょう。
それでも不平等だといったところで改善されることはありません。

今は仕事があるけれどもいつ収入がゼロになるかわからない、と言う人は副業をすることを考えてみてはどうでしょうか。

正社員じゃないからこそ副業に挑戦

派遣社員や契約社員という立場であれば、正社員のように副業禁止規定などはほとんどないはずです。ですから、積極的に副業に挑戦してみることをオススメします。

まず、簡単なのはコンビニでのアルバイトや居酒屋などの夜のバイト、短期のアルバイトといったものでしょう。
確実に働いた分だけ収入が入りますから安心です。ですが、こういったタイプの副業は肉体労働です。
働けば働くほど体力を消耗していくので、上手くバランスをとらないと現在の収入源である派遣社員や契約社員の仕事に支障をきたすかもしれません。

いくら、副業が可能な立場であったとしても現在している仕事をきちんとこなせないようでは派遣社員や契約社員の仕事さえ失うかもしれません。
本業を失ってしまっては副業をする意味がありません。
あくまで、副業とは本業を失ったときのリスク分散としての位置づけであったり、本業の収入にプラスアルファが欲しいというときのものです。
その部分をよく理解して副業をすることを考えてください。

そこで、ネット副業をすることをオススメしたいんです。
なぜなら、ネット副業は肉体労働ではありませんので、仕事をしたら市多分だけ疲労は感じるかもしれませんが、肉体的疲労とは異なるものです。
また、副業の勤務先へわざわざ通勤する必要もないので時間の節約にもなります。

副業をするならネット副業です

前述したように、副業をするなら断然ネット副業です。副業をする以上、続けられなければ意味がありません。

もし、体調などを崩して本業さえも休まなければならない副業であればやらないほうがいいです。
仕事をするにはどんな仕事でもきっちりと自分の体調を管理して常にベストの状態で仕事をするのが理想の状態です。

正社員であれば、ある程度体調を崩したときのためのサポートがあります。それは有給休暇といったタイプのものです。
ですが、多くの派遣社員や契約社員はそういった制度がない人が多いです。
たとえ、規定で一定期間フルタイムで働いていれば有給休暇取得の権利がある、とあっても実際に正社員のように有給休暇を取得できるかどうかは謎です。
ですから、体調を崩してしまったら肝心の本業の収入さえ減ってしまうのです。

だからこそ、体ではなく頭を使うネット副業がオススメなのです。
仕事をする時間も自分で管理できますし、収入に変動があるかもしれませんが、体調が悪くなりそうだと思ったら早めに仕事を切り上げて休息をとることもできるのです。

また、派遣社員や契約社員のように同じ仕事をやっていても評価が違うなどという仕事に対する不満も感じることはありません。
責任が自分に全てかかってくる分、仕事に対する評価もすべて純粋に仕事の質に対して評価がなされるのです。
ネット副業というと何だか怪しいと思う人もいるかもしれませんが、きちんと調べてみれば怪しいものではないということがわかるでしょう。

ぜひ、副業のチャンスをつかんでください。

まとめ

本業がある場合、通常のアルバイトなどは体力的に本業に支障が出てしまいます。ネット副業はその点どこでもできるし、拘束時間もありません。アルバイトをするなら、ネット副業がおすすめです

組織で働くのが苦痛な人ほどネット副業をはじめるべき

組織で働くのが苦痛な人ほどネット副業をはじめるべき

ネット副業は自宅で簡単にお金を稼ぐことができます。
会社という組織で働くのが苦痛な人や人とコミュニケーションをとるのが苦手な方にはオススメです。
今回はそんなネット副業の良いところ、悪いところを簡単にご紹介していきたいと思います。

ネット副業は誰でも同じスタートラインで稼げる

ネット副業は当然ですが、学歴不問です。
ネット副業においてわざわざ出身大学を尋ねたり高卒か大卒を訪ねたりするシステムはありません。

ネット副業初心者は皆、同じスタートラインに立つことができるのです。
また、顔が見えない分、容姿で採用をしているなどといった不満をもつこともありません。

ネットを利用しない副業では職業によっては人の見た目や雰囲気、場合によっては容姿で採用かどうかを決めることがあります。
これはある程度仕方のないことでしょう。

ですが、ネット副業においてスタートラインは誰もが同じです。
余計なことを考えずに、本当の実力だけで仕事を取っていくことができるはずです。

仕事に対する意欲はあるけれども、「真面目そうに見えない」、「初対面の人とだと緊張しすぎて上手くコミュニケーションがとれない」、などといった仕事を得るまでの過程で損をしていい仕事を得られない人にとってはネット副業は周りを見返すチャンスです。

組織で働かなくてもネット副業で収入を得る

前述したような、人たちや、多くの人と組織で仕事をするのが苦手な人にとっては会社に所属して働くことほど苦痛なことはないでしょう。
組織で働けば組織にはルールがありますし、人間関係も場合によっては複雑です。

社内政治が苦手な人にとっては仕事に関しては実力があっても組織できちんと仕事を評価されて昇進していくのは難しいでしょう。
ですが、組織に所属して働く本業の傍ら、ネット副業をしてみることによって自分の実力を収入によって証明することもできるのです。
人によってはお金が全てではない、と言う人もいるでしょう。

ですが、会社で働いているのは無料奉仕のためではありません。
会社で働くということによって相当の対価を得ているのです。
その対価が相当ではなければ人は不満を持つようになります。

その点、ネット副業をして収入を増やすことができれば、収入増がそのままその人の自信へとなっていくのです。
ネット収入は実力がそのまま金額に現れますので、言い訳もできません。

組織で働くのが苦手なのであれば、ネット副業をはじめて自分の実際の実力を知り、本業以上に収入が得られるようであればネット副業を本業にしてもいいはずです。
ネット副業にはあらゆる可能性があります。

引きこもりであっても収入を得るチャンスがある

うつ病などをわずらってしまったり、引きこもりであったりする人にとって外の世界で人と関わるのは本当に苦痛でたまらない瞬間があるでしょう。
いつまでも収入がないと、不安で仕方がないでしょうし居候をしている親の反応も気になって余計に追い詰められたりすることもあるかもしれません。

こういった人たちにとってはネット副業ではなくただのネット収入になってしまうのですが、やってみる価値はあると思います。
ネットで仕事といえども、全く人とのコミュニケーションをとらなくて言いわけではありません。
場合によってはメールを送信したりする必要もあるわけです。

ですが、会社に所属することに比べれば圧倒的に他人と関わる機会は減ります。
これはなかなかいわゆる社会復帰ができない人にとってはいいはずです。
外との接点をある程度は保ちつつ生活をする。

その上、ある程度の収入が得られれば、自信にもつながります。
ネット副業のいい部分はあらゆるタイプの人にスタート地点に立てるチャンスがあるということです。

失敗してもいつでもやり直せるということ

ネット副業は、個人で仕事をしている状態です。
ですから、失敗しても周囲から圧力をかけられたりすることもありません。

組織などのように責任のなすりつけなども起こりません。
失敗したらそれは自己責任ですので、自分で反省してやり直せばいいのです。

これほど気楽にできる仕事はないのではないでしょうか。

まとめ:自宅で簡単に稼げるネット副業

外に出なくても、自宅でネット副業はできます。
対人が苦手な方でも、誰にも合わずに仕事ができます。
気を遣わず仕事ができるので、集中して副業をしたい方にもおすすめです

サブコンテンツ

このページの先頭へ