ネット副業をはじめる前に気をつけておくべきこと

会社の就業規則で副業禁止かどうか確認する

最近では会社に正社員として所属していても満足のいく給料が得られなかったり、ボーナスカットなどがあったりして決して収入は高い水準で安定しているとは言いがたい状況です。
このような状況では副業をしようかと考える人が多く出てきても仕方がありません。

会社の正社員という立場を捨ててまで副業をしようと思う人はまずいないはずです。
副業はあくまで本業の給料のプラスアルファであって本業ほどの収入を期待せずにはじめるものが多いからです。

また、副業だと多くの場合、本業のように毎月決まった額の給料がもらえたり、有給休暇をもらえたりすることはありません。
体調を崩していても有給休暇をとって仕事を休むというすばらしいことはできないのです。
それほど、正社員として会社に所属しているということはメリットがあります。
わざわざ、リスクを負ってまで副業をはじめる必要はないのではないでしょうか。

もし、副業をはじめたいのならきっちりと会社の副業に関する就業規則をチェックしておくべきです。
なぜなら、いまだに多くの会社が副業に関しては禁止という規定を設けているからです。

副業禁止規定がなければラッキーです。気にすることなく副業をはじめてください。
あなたが会社員であれば、の話です。公務員は別の扱いになります。

公務員は副業が法律で禁止されている

会社においては会社の就業規定が問題になるのですが、公務員は扱いが別となります。
公務員の場合は、副業が法律で禁止されています。
わざわざ公務員と多くの人が羨ましがるような職を捨てる覚悟までして副業をする必要はないでしょう。

ですが、副業と言っても例外はあるようです。公務員がどうしても副収入が必要なら、投資という形で稼ぐ方法があります。
投資の例をあげると、不動産投資、FX、先物取引、株式投資、などがあります。
これらは、あくまで投資なので損をする場合もあれば大きな利益となることもあります。
基本的に公務員はノーリスクでの副業はできないということになります。

それでも、公務員であれば普通の会社の正社員よりは給料も待遇もいいはずなので、それほど生活にプラスの収入がなければどうしようもない、などという切羽詰ったような状況の人はいないはずです。
ですから、ネット副業を考えること自体すくないかもしれません。

副業が禁止されていてもやりたい場合はばれないようにやる

以上のように、副業をはじめる前に副業禁止かどうかに関して、説明しました。

ですが、副業禁止の会社規定があってもどうしても副業をしたいのなら、会社にばれないようにする必要があります。ばれた場合はどのようなペナルティーがあなたにふりかかるかわかりません。
会社の対応次第でしょう。ですが、副業禁止とわかっていて副業に手を出す限りは、ばれたときに本業の職を失う覚悟も必要かもしれません。

副業でばれやすいものは、普通のアルバイトなどです。これは、給与所得となるので本業の会社にばれる可能性がかなり高いものです。

副業でばれにくいものは、ネット副業でしょう。ネット上であれば個人が特定されにくいので住民税の対策さえしておけば、ばれる可能性は低いかもしれません。
通常、会社に所属している人は確定申告は会社にやってもらっている人がほとんどのはずです。
その確定申告で、住民税の納付方法を自分で納付ということにすれば、まずは会社に副業がばれることはないでしょう。

とはいうものの、本業あっての副業です。本業で副業禁止の規定がある場合には、特に注意を払って副業の影響で本業の仕事に悪影響を与えることのないように時間や体力の配分を考えて副業をするようにしてください。
そういった意味でも、副業をするのならネット副業がおすすめでしょう。

まとめ

普通にアルバイトなどはバレやすい副業になります。ネット副業であれば自宅で出来て、バレにくい副業になります。会社にばれずに副業を行うならネット副業がおすすめです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ