これからネット副業をはじめる人のための注意点

本業と副業をきっちりとわける

ネット副業に限ったことではありませんが、副業をする際には、きちんと本業と副業の区別をつけて仕事をする必要があります。

まず、本業と副業の区別は、簡単に言うと、収入が大きいか小さいか、でしょう。たいていの場合、本業の収入がメインでもっと収入が必要な場合、副業をして収入を増やすというものです。

会社に所属して働くことによるメリットも多くあります。もし、本業を失いたくないのであれば、本業に支障をきたすことなく副業をするべきです。
会社に所属していれば、有給休暇というものもあります。たとえ、体調不良で会社を休んでも有給としてカウントしてくれる会社もあるので毎月一定の収入を得ることができます。
これに対し、ネット副業では、自分で仕事をしなければ収入にはつながりません。

もちろん、アフィリエイトなどはある程度作業をして、作業をしていない間も収入が入ってくるという仕組みを作り出すこともできるでしょう。
ですが、収入が決して安定しているとはいえません。収入を安定させるにはある程度は継続してコンスタントに仕事をしていかなければなりません。
もちろん、ネット副業で有給休暇なんてものは存在しません。ですから、よほどのことがない限り、あくまで本業をキープしつつネット副業で収入を上げていくという姿勢を保つのがいいでしょう。

ですが、本業を失わないためにも本業の会社の就業規則はきっちりと確認しておきましょう。副業に関する規定があるはずです。

ネット副業をするなら目標設定するべき

ネット副業をするのなら、是非目標を設定することをオススメします。この目標は高く設定する必要はありません。

もっと言うと、あなたが副業をはじめるに当たって、月に具体的にいくらプラスアルファの収入が欲しい、もしくは必要なのか、ということをはっきりさせることです。
闇雲にもっと収入が欲しい、と副業をしていてはエネルギーを消耗しつくしてしまいます。きっちりと目標設定することによって、目標を達成したら休息をとることなどもできます。

本業であろうと副業であろうと、体を休める時間を確保しなければ作業効率が悪くなってしまいます。是非、目標を設定して自分の体調管理をきっちりできるような環境を整えてください。

ネット副業が本業よりもいいのならネット副業を本業にすることを考えるのもいい

毎日会社に通勤して、毎月決まった額を給料として受け取るということは安心感もありある意味楽なことです。
会社に所属していれば、有給休暇もとれますし、休日は確実に確保できます。
それに対し、ネット副業は作業をした分だけ収入が入ってくるのが普通です。休息をとって仕事をしなければ収入がない、ということもあります。

例外としてアフィリエイト収入もありますが、作業をしなくても自動的に収入が入ってくるシステムを作り上げるまでには時間がかかります。
ですから、会社で働いている正社員ほど安定し守られた環境はないかもしれません。
もし、会社に不満がないのならそのまま定年まで働き続けるのが一番いいかもしれません。

ですが、ネット副業が性に合っていて収入も本業を超えた場合、ネット副業を本業として考えてみるのもいいかもしれません。
ネット副業の方が、会社で働くよりは時間的拘束が少なく、自由度が高いです。嫌な人と顔を合わせる必要もありません。
ネット副業においてストレスがない、というと嘘になります。ですが、会社で働いているよりは受けるストレスが圧倒的に少ないのは事実です。

ストレスも少なく、時間的自由度が高い、そして収入がある程度安定しているのならネット副業を本業として考えてみる瞬間がきていると思って間違いないでしょう。

まとめ

本業に支障が出てしまうことは、よくありません。本業にプラスの収入をつける感覚でやったほうが、ネット副業を続けやすいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ