ネット副業とフリーランスとの関係

フリーランスと昔の正社員の関係

以前から、フリーランスという働き方は存在していました。
ですが、インターネットが普及し、ネットを介して仕事ができるチャンスが多くなった今、フリーランスという働き方は多くの人により身近な存在になりつつあります。

フリーランスとは、簡単に説明すると会社などの組織に所属せず個人で仕事に関する全てを処理する人のことです。
自分が仕事を全てコントロールしているため、多くの人にはフリーランスというと自由でいい仕事をしている、と思われることもあるようです。

昔は、大学を卒業して新卒で入社した会社に定年まで所属して働くという働き方が当然のように考えられていました。
ある意味、正しい考えと言えたのかもしれません。

なぜなら、当時の正社員は家賃補助もあり、有給休暇もあり、交通費全額支給が当然で、退職するときには莫大な退職金がもらえるのが普通でした。
さらに、一度会社に入ってしまえばそのまま定年退職まで会社が人生を保障してくれていたんです。

会社に所属している年数とともにほぼ確実に給料は上がっていく環境でしたから、転職にメリットがあるとも言えない状況でした。
そのような環境下で、あえて組織から離れて独立し、仕事をすること自体がリスクもあり、多くの人には考えられなかったことなのかもしれません。

また、会社が副業をしなくてもいい程度の給料とボーナスを支給していた時代は、誰もわざわざ自分の休暇や休日を利用してさらに働こうなどとは思いもしなかったのかもしれません。

ネット副業はフリーランスの働き方と同じです

ネット副業という言葉が普及してしばらくたちます。ネット副業はいわゆるフリーランスという働き方を取っています。
組織に所属せず、収入がお小遣い程度であればいいですが、ある一定の額を超えると税金を納めたりしなければならないというものです。

もちろん、自分でトータルの収入を申告することになるでしょう。本業と副業の収入です。
そのほか、保険や年金なども自分で処理しなければならず、仕事以外の雑務が多いのも特徴かもしれません。

また、フリーランスというと自分の働きたいときだけ働けばいい、というイメージがある人もいるでしょうが、実際には違います。
フリーランスですから、黙って家にいて待っているだけでは仕事はやってきません。
自分で仕事を取ってその上、時間をきっちりと調整し、納期の遅れのないようにきっちりと仕事をしていかなければならないのです。

会社に所属していれば誰かが、自分の収入や税金に関して処理してくれるでしょうし、何かの納期があるのなら誰かが確認のためにサポートしてくれるかもしれません。
また、会社に所属しているということは、自分から仕事を取ってくる必要がない人もいるのです。会社に行けば自分のするべき仕事がある、という状況ほど楽なものはないでしょう。

フリーランスであれば、自分が体調を崩せば仕事はできません。ですから、収入はゼロです。これほど、正社員と比べて大変な仕事はないかもしれません。

とはいうものの、これはフリーランスの仕事が本業であればの話です。もし、フリーランスの仕事が副業であればそれほど自分の将来に対して不安に思うことはないはずです。
なぜなら、本業から収入を得ていてさらにプラスアルファを稼ぐためなので、それこそ自分で自分の時間をコントロールしながらもう一つの仕事をこなしていけばいいだけだからです。

ネット副業で本格的に稼ぐためには

ネット副業で本格的に稼ぐためには、当然ですが、ある一定の時間の確保は必要です。時間給ではないものの、時間をかけただけ収入が得られるのは確かです。
ただ、ネット副業の仕事の仕方を間違えていれば時間をかけても収入があがることはありません。全て自己責任の仕事です。

ネット副業で稼ぎたいのなら、ある程度の時間の確保と自分で仕事に関して考えていくという姿勢が必要です。

まとめ

フリーランスで働いていくのは簡単ではありません。本業を持って副業から初めて見ることをオススメします。副業で稼げる様になってもまだフリーランスはオススメしません。安定的に稼げるようになってからフリーランスになることをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ